FC2ブログ
 

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車

Category : ブログ

宮部みゆきの小説にハマった時期がけっこう昔にありました
きっかけはクロスファイアという映画
リゾートバイトで石垣島に行く時に、中継先の本島の映画館で見て非常に面白かったんですよね
実は初めて買ったDVDビデオもこのクロスファイアだったりもします(^_^;)

ぶっちゃけ、映画としてはあまり良くないとは思います
SFちっくな作品なだけに難しい部分はあったんだと思いますがね...
そして長澤まさみのデビュー作だったりもしますが・・・こちらも凄いです(@_@;)

まぁ、良かったのは作品自体ではなくて、そのストーリー
これがキッカケで、その他の宮部みゆきの作品にも興味を持ちました
その後ネット等で調べて買ったのが以下の作品

・魔術はささやく
・レベル7
○龍は眠る
◎火車

ミステリーやSFチックな作品ばかりですが、評価から"火車"が本命、対抗が"龍は眠る"と見ていました
私は好きな物は最後に残すタイプなので、火車を一番最後に読む事にしたんですけども...
実はこれが大・失・敗 (-_-;)
それまでに読んでいた3作が作品として終結し、スッキリとしていたのも失敗に拍車を掛けたかも?

ぶっちゃけこの作品、最後の最後までは読み進めるのが楽しくてしょうがなかったんですよ
でも、最後の最後が尻切れトンボ・・・物語の核、犯人にやっと辿り着いて

「主人公が犯人の肩に手を伸ば・・・し・・・」

と、ここで物語が終わるんですよねぇ・・・

確かに犯人が犯行に至った経緯や背景等は捜査の過程である程度描かれているんですが
個人的には、やはり犯行の経緯は犯人から話してもらって、全てをクリアにしたいタイプなので
もっっのすごっっい 消化不良(-_-メ)

私はこの作品以降、宮部みゆき作品を敬遠する様になりましたorz
実はその後、"理由"でダメ押しをされ、完全に読まなくなりました



実はこれ、10年近く前の話なんですが、何故唐突にこの話になったかというと・・・
今日のお昼にテレビドラマ化された火車がやっていたんですよね

消化不良なだけで、最後の最後までは面白かった作品だっただけにテレビ化されたらどうなのか?
流石にねぇ、テレビでそんな中途半端な終わり方はしないだろう。っと
あわよくば完結するんじゃねぇか?
そんな期待をもって、最後まで見てました

結果的には、そんなに原作を改変する様な大きな変化は無かったんですが
犯人に行きついた主人公が、犯人に声を掛けて任意同行(?)を求める所で終わりました

終わりだけ見れば、文章にして1ページ分くらいかもしれませんけども
原作と比べるとだいぶマシ?・・・かなぁ^_^;


こういう作品って、色々な見方があって、評価も様々だと思います
小説を読む時に先を推理しながら読む様な推理好きな人もいると思います
もちろん私も読みながら多少は『あれ?こいつ犯人じゃね?』と思う事もあります
ただ、私は基本的には物語を現在進行形で”見ている”ので、個人的な推理より人物の心理が知りたい

登場人物の内面を読者に委ねるという手法は前からありますが
作者は登場人物の人物像を創造して、物語を綴っていくんだと思います
人物の9割は描いておいて、残りの1割を読者(視聴者)に委ねるのは私は無責任に感じてしまうので
単にそういう作風に合わないだけで、この火車も受賞履歴からも明らかで名作だと思います


最近、通勤でネットを使ってしまうので小説を読む機会が減りました
でも、まだ読みたい小説は沢山あるので、これを機に久しぶりに小説買ってこようかな~

プロフィール

Zodiac

Author:Zodiac
カテゴリーは【独り言】
特定の方向性はありません
ゲームの事、スマホやPC関連
備忘録の記事が多いかな?

書く方も気分で気楽に書いています
読む方も気楽に読んで下さい
拍手&コメントは気楽感を損なう
気がするので基本的になしです

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。